婚活サイト

結婚を本気で考えて努力している婚活中の方々にとって、婚活サイトはとても心強い見方となります。

と言うのも結婚をしたいけれど出来ない人の大半は「人見知り」だったり「内気」「恥ずかしがりや」たったりするからです。

もっと出会いの場へ足を運び、積極的に声をかけ、恋愛をする力のあるかたは婚活中と公に口にできるでしょうし、婚活しなくても、恋愛から発展するのを期待出来るからです。

しかし、内気で人見知りの方々にとっては、婚活しないと、なかなか出会うことが出来ません。
photo1
さらに恥ずかしがりやさんとなれば、婚活パーティーに出向く勇気も
なかったりするものです。

そうなると、利用するのが婚活サイトとなります。

しかし、そんな内気な方々を格好の獲物とする人もいるのです。

本気で結婚を考える内気な方は、時として騙されやすい面ももちあわせています。

その為、婚活サイトだから、相手も自分と同じように本気で結婚相手を探しているとおもいこんでしまうのです。

もちろん、本気で結婚を考えている方々もたくさんいます。でも、そうではない人もいるということを頭に入れておくことも必要です。

そういう方は、本気で婚活中の純粋な方の気持ちを踏みにじる事をします。体目的だったり、お金をだまし取ったり、純粋に恋愛を求めている気持ちを逆手にとり、都合よく利用しようとしているのです。

特に、お話も上手で、見た目もよく、エリートな男性などとなると、婚活しなくてもいろんな女性と出会えるはずです。それなのにわざわざ婚活サイトを利用しているのならば、多少疑いの目で見ることも必要かと思われます。

自分が婚活しているときに得た教訓

私は婚活していた時にお見合いパーティーとか出会いの場の大手社会人サークルの飲み会、合コンなどに行っていました。その時思ったのは良い日もあれば悪い日もある。
つまり異性の集まりがが少なくて同性が圧倒的に多かった、良い出会いが無かった日などあります。そういう時にどうしても同性と愚痴ってしまったり、
その愚痴がキッカケで仲良くなって一緒にパーティーを行く仲になった娘もいました。そしてどうしてもパーティーに参加する時に一人で心細かったりして
そういう娘と一緒に誘った事も何度もありました。そこで気まずい事があったので書きたいと思います。
a0001_016472
それは一緒に行った娘と同じ人をいいなと思ってしまい、こちらがカップリングになってしまった場合とか、向こうがカップリングに成功して自分には何も無かった時です。
その時お互いにとても気まずい思いを経験していました。まず両方が良いなと思っていた相手と私ががカップリングになった時ものすごく態度が急変した娘もいました。
嫌味が止まらない人もいましたし、自分が選ばれなかった腹いせか相手の男性を「あれ遊び人だよ。良く無いよ〜」と悪口を言う人まで、
また自分だけカップリングに成功、浮かれまくってパーティー終了後、相手とずっと話っぱなし、こちらの配慮は一切無し。という娘もいました。
一人で心細くて行きたく無いっていう人もいるかもしれません、ですがあくまでも『婚活の場は結婚相手を探すところであって友達を作る場所ではない』という事。
これがつくづく教訓になりました。それ以来自分一人で積極的に出会いの場に行き、結婚できました。